競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=4/26(土)】福島牝馬S


福島11R 第5回福島牝馬ステークス(GⅢ)

 6日間開催ながら、開幕週から雨の影響を受け、荒れた馬場。2週目から既に外差しの傾向も出ていました。今週は仮柵を設置してBコースですが、それだけですぐに内が有利という馬場と言えるかどうか。無論、先行勢もコースを選ぶでしょうが、バラけた馬群をさばける差し馬に狙いを定めます。

 中山牝馬Sでも狙ったダンスオールナイトでしたが、出負けしてジッとインを追走。直線も内を突いてまずまずの伸び。気性の難しさばかりが先に立っていた以前なら、そんな競馬はできませんでした。ここに来て精神面での成長が著しいことを示しています。荒れ馬場OKは証明済みで、先週日曜日に全12鞍に騎乗した新人・三浦騎手はコースのどこが伸びるかは把握できている様子。エルコンドルパサー×ダンスパートナーの良血に開花の兆しが見えた今、改めて中心視します。

 51㌔の軽ハンデに恵まれたとはいえ、上手に馬群をさばいて福島記念を制したアルコセニョーラ。コース相性は<2、1、0、0>と抜群です。前走は休み明けで体調一歩とみれば、惨敗もやむなし。叩かれて中舘騎手にスイッチした今回は巻き返しも十分可能です。

 牡馬相手のダービー卿CTは⑬着に大敗したニシノナースコールですが、着差はわずかに0秒6。前残りの展開に泣きました。新潟の高速馬場で上がり32秒9を記録したこともありますが、ダートでの戦跡を踏まえると、どちらかというとパワー型でしょうか。ムラですが、一発に注意が必要とみます。

 中山牝馬Sで先行の利をフルに生かしたヤマニンメルベイユ。さすがに当時ほどに展開には恵まれないでしょうが、ハイペースの福島記念でもしぶとく食い下がっていましたし、昨年も小差③着。コース適性からは軽視できません。

 ファレノプシスの全妹という素質が徐々に見えてきたヴィクトリアアイ、荒れ馬場の牝馬限定戦なら常に上位のザレマ、常に脚は使っており展開・時計ひとつのマイネカンナハロースピードなど、絞るのが難しい一戦です。

◎(8)ダンスオールナイト
○(6)アルコセニョーラ
▲(12)ニシノナースコール
△1(7)ヤマニンメルベイユ
△2(14)ヴィクトリアアイ
△3(9)ザレマ
△4(2)マイネカンナ
△5(11)ハロースピード
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1091-b68d96da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。