競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞回顧】マイラーズC、中山グランドJ

第39回読売マイラーズカップ(GⅡ)
1◎(3)カンパニー
2…(11)ニシノマナムスメ
3△(6)エイシンドーバー
4○(5)ハイアーゲーム
7△(14)コンゴウリキシオー
9△(2)オースミグラスワン
11▲(8)ナスノストローク

 中山記念に続いて、横山典騎手の連続騎乗。再び好位で乗られたカンパニー。道中は内々でロスなく追走。直線で前が開くとスパッと抜け出し、危なげのない快勝でした。正攻法の競馬がすっかり板に付いて、展開に注文が付かなくなりました。今なら安田記念でも期待が高まります。

 良馬場に回復したとはいえ、パンパンの馬場とは思えず軽視したニシノマナムスメ。実際「緩い馬場にノメった」ということでしたが、直線は切れる脚を使って、牡馬相手に堂々の走り。前走もやや重で伸びを欠きましたが、ようは直線が平坦かそれに近いコースが合うということなのでしょう。使われての馬体減りもなくなり、本格化の予感。

 エイシンドーバーは少し脚を余した感。最後は差を詰めただけに、展開に泣いたともいえそうです。
 ハイアーゲームは好位より後ろで流れには乗れたように見えましたが、直線で少し仕掛けが遅れました。これも脚は使っており、勿体ない競馬になりました。

 コンゴウリキシオーはスローペース、前走に比べて後ろからつつかれない展開と走れる条件でしたが、まだ復調途上。
 オースミグラスワンナスノストロークは展開不向き。



第10回中山グランドジャンプ(J・GⅠ)
1△(4)マルカラスカル
2○(6)メルシーエイタイム
3…(1)テイエムエース
4△(5)マイネルオーパー
5▲(7)エイシンニーザン
6◎(9)アラームコール

 これまで鉄砲実績がなく、1週前の追い切りで落馬とやや不安のあったマルカラスカル。最初の障害の飛越も低く、決して順風満帆というわけではありませんでしたが、途中からリズムを取り戻したか、後続に付け入る隙を与えない大差圧勝でした。道悪は巧者。

 メルシーエイタイムは暮れの大障害と比べて、ペースアップの時に付いていけませんでした。最後も一杯の走り。どうやら道悪不向き。
 立派だったのはテイエムエース。落馬の影響は少なからずありながらも、飛越は安定。最後は②着にあと一歩まで差を詰めました。今後が楽しみ。
 エイシンニーザンはテイエムエースと同様に落馬のアオリを受けてはいましたが、道中からいつもとは違って後方からの競馬。やや消極的だったようにも思います。

 道悪でスタミナ比べならと期待したアラームコールですが、道中から付いていくのが精一杯という走り。最後はむしろスタミナが切れていました。日本のペースに本来の走りを欠いてしまいました。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1088-ea4adcce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。