競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GⅠ予想=4/20(日)】皐月賞


中山11R 第68回皐月賞(JpnⅠ)

 ただでさえ混戦な上に馬場状態の把握も難しく、難解を極めます。
 人気は唯一の重賞2勝馬マイネルチャールズ。中山2000㍍を4戦連続で使って②①①①着。持ち前の勝負根性で相手をねじ伏せてきました。一方で、弥生賞がおざなりの調教でギリギリの馬体。コスモビューファームに放牧に出しつつ乗り込んでいて、体調下降はなさそうですが、上積みは疑問。展開的にも前付けで目標にされる不利。絶対視は禁物とみます。

 マイネルチャールズに2戦2敗のブラックシェルは中山向きではなく、馬場も疑問。ショウナンアルバは陣営が顔を曇らせた大外枠。行ってしまえば折り合うのに、今回もタメる競馬を試みるよう。またもや脚をなし崩しに使ってしまいそう。

 常に全力投球のマイネルチャールズを軽視したなら、狙いは言葉は悪いですが“捨てレース”を作った馬。
 シンザン記念で賞金を確保していたドリームシグナル。スプリングSはそれまでと違って早めに動く競馬で⑥着。末を生かす競馬がベストと判断できるレースになったことは、プラスに働きます。異彩を放ったアグネスデジタルに、桜花賞のレジネッタで改めて驚異の力を示した母の父サンデーサイレンス。渋った馬場もOK、大舞台で巻き返す条件は揃っています。

 きさらぎ賞が8番人気で①着。フロック視をやむを得ないところですが、実戦で乗れなくても調教は付けていたように、安藤勝騎手が執着したレインボーペガサスも荒れ馬場はプラス。前が動いた時にジッとタメての外一気は十分にあります。

 フサイチアソートの弥生賞は案外。一度は見限ろうとも考えましたが、イメージほどは負けていませんでした(0秒8差)し、あくまでひと叩きというレース運びにも映りました。直線バラけてからのイン強襲。ここに来て抜群の冴えを見せる横山典騎手が不気味。

 展開次第のベンチャーナインですが、時計が掛かるのはプラス。腹を括った直一気でアッと言わせるか。
 1勝馬でも大崩れはしないタケミカヅチは3走連続の白帽(1枠)。またもインでタメを利かせる好位差しなら、見せ場以上の期待も。

◎(13)ドリームシグナル
○(5)レインボーペガサス
▲(3)フサイチアソート
△1(12)ベンチャーナイン
△2(1)タケミカヅチ
△3(9)マイネルチャールズ
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

下手糞な予想だ

  • 2008/04/20(日) 19:06:51 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

あちゃー

下手糞な予想だ

  • 2008/04/20(日) 19:07:49 |
  • URL |
  • ぬぬぬ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1085-25fab97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。