競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の3歳戦とPOG

 皐月賞トライアル・若葉ステークスは、ノットアローンが600㍍36秒6-1000㍍61秒4のスローペースに持ち込んで、まんまと逃げ切りました。橋口厩舎は、スプリングSのフローテーションとともに、皐月賞への優先出走権を獲得したことになります。今回があまりにうまく運べた印象が強く、果たして本番となると?
 馬連1.7倍の断然人気となっていた2頭が④⑤着に凡走。モンテクリスエスはゲートで立ち上がって、出遅れる大きなロス。それでも道中はスムーズに上がって行けましたが、追い出してからのフォームが高く、まだ重心が沈むほどにはなりません。完成途上。キングスエンブレムは先行してこそのはずで、タメるのは得策とは思えません。ただ、それにしても直線でのフットワークがこじんまりとしていました。

 土曜中京のあざみ賞はゴール前大接戦。ヒルノラディアンはキャリア2戦目。超スローのデビュー戦から一転平均の流れでしたが、好位のインをスムーズな追走。追って確かでセンスはかなりのもの。距離が多少長いかと思えたオリジナルフェイトでしたが、正攻法で一旦は抜け出す強い内容。適距離なら。アドマイヤナサはゴール前の脚色が目立ちました。初勝利が小倉。現状では平坦がベターではないでしょうか。

 日曜中山7Rの500万下は、平場としては上位は好メンバー。勝ったサトノプログレスは、戦ってきた相手を考えれば順当勝ちともいえますが、中山マイルの大外枠からの快勝なら着差以上の評価。②着カヴァリアーノはデビュー戦同様のセンスある走り。直線もグイっと伸びて、2勝目を近いと思わせました。③着オメガファルコンは大きな出遅れが響きました。大外から強烈な末脚。④着エイブルベガは有利なはずの最内枠が災い。直線では前が壁になり、追い出せたのは残り100㍍を切ってからというもの。全く力を出せていません。⑤着プリマフォルツァも馬群の中で番手を下げ、直線も追い出すタイミングを逃していました。

 日曜中京3Rの未勝利戦(牝)はキュートエンブレムが3戦目での初勝利。デビュー戦がライムキャンディにクビ差、前走がモンテクリスエスにクビ差と惜しいところで勝ちを逃していましたが、ここは順当勝ち。道中から抜群に行きっぷりで、危なげない内容でした。

 層の厚さが目立つダート路線。土曜中山6Rの500万下はスカーレットラインが磐石の走り。これでダートに変わって2連勝。重賞レベルでも足りる能力があるとみます。
 日曜阪神6Rの500万下では、ダート替わりで一変したピイラニハイウェイが断然人気に支持されましたが、②着惜敗。内をすくわれての負けは油断したというわけではないでしょうが、先週未勝利に終わった武豊騎手の流れの悪さを思わせました。
 土曜阪神6Rの新馬戦ダート1800㍍は、3-4ハロン目が14秒0-14秒0の超スローペース。その分、全体時計は平凡でしたが、上がり3ハロンは12秒8-12秒1-11秒9とゴールへ向けて加速。この流れを、向こう正面半ばから徐々に進出、実に長く良い脚を使って差し切ったダイシンサーベルの脚力は光りました。抜け出した時のフットワークはかなりのもの。これまたダート界に楽しみな1頭が登場しました。



 先週は2頭が出走したPOG。8位指名のマイネベクルックスが、土曜中山5Rの未勝利戦芝1600㍍で初勝利を挙げました。まだ掛かる面は残っていましたが、今回は最後までしぶとい走りを見せてくれました。惜敗続きでしたが、ようやく勝ち名乗りを受けることができました。
 もう1頭は9位に指名したオグリローマン産駒のロマンシエール。土曜中京3Rの未勝利戦芝1200㍍で、既走馬相手にデビュー戦を迎えました。大きく出遅れて、ダッシュもつかず。道中も後方2番手追走。まずは無理せずにというレース運びにもなりましたが、直線はそれなりの伸び。⑬着では大きな事は言えませんが、レース慣れすれば、もう少し上の着順は狙えるようにも思えました。
 
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1057-a8310157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。