競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の3歳戦とPOG

 先週は桜花賞トライアルのアネモネSが行われました。1.8倍の断然人気に支持されたのは良血ブーケフレグランスでしたが、パドックでもゼッケンの後ろに発汗があったように、イレていたよう。レースでも抑えが利いたとはいえず、速いペースもあって直線は失速しました(⑨着)。
 優先出走権を獲得したのはソーマジックシャランジュ。ソーマジックは終始外目を追っ付けながらの追走。中山マイルで後藤騎手が外々を追走した場合、直線で伸びを欠くイメージがあるのですが、ソーマジックはそこからもうひと伸び。実に長くいい脚を使いました。前走もそうでしたが、勝負強さを感じさせる走り。牝馬路線も混戦必至なだけに、ひとつ強調点があるのはポイント。輸送が課題になりますが、好走の可能性は十分とみます。
 シャランジュは例によって後方から。ソーマジックの外から連れて追い込んできました。勝ち切るには足りなくとも、常に脚を使っています。地味なタイプで人気にならない分、自分の競馬に徹することもできます。本番でもノーマークにはしないつもりです。
 惜しくも権利を逃したメイショウマリアは最内枠を利してロスのない競馬。センスの高さはデビュー時から窺えたもので、今後も注目の1頭でしょう。
 ラルケットはブーケフレグランス以上に抑えが利かず、いつの間にか2番手に。結局失速の⑧着。クイーンCでもやや折り合いを欠く面があったようで、今後の課題になります。

 さすがにこの時期の新馬・未勝利勝ちでは桜花賞・皐月賞には間に合わないですが、1勝していればトライアルへ出走の可能性はまだあります。
 先週の新馬勝ちでは、日曜阪神5Rのアドマイヤコマンド。ある程度バラける展開の中、6番手を追走。3角過ぎからは仕掛けられながらの追走でしたが、直線に向いてエンジンが掛かると、追えば追うだけ伸びるよう。後続を突き放し、ラスト100㍍は抑える余裕がありました。それでいて11秒6-11秒9のフィニッシュなら上々です。

 藤沢和厩舎の好素質馬。先々週はレッドシューターが500万を勝ち上がりましたが、先週はクリスタルウイングが日曜中山6Rの平場で2勝目を挙げました。1000㍍63秒8のスローペースにも動じず、3番手で折り合いピタリ。勝負どころでペースが上がった際に、やや置かれ加減になりましたが、エンジンが掛かってからの伸びは能力の違い。余力を持って差し切りました。レッドシューターと使い分けるため、プリンシパルSに向かうようです。



 そのクリスタルウイングが勝ったレースに出走していたのが、POG6位指名のムービーハウス。スタートはまずまず。しばらくはクリスタルウイングをマークするような位置でしたが、ペースが上がったところで追っ付けての追走に。上がり勝負の中、4角で外に振られるロスもあり、掲示板も危ういかという競馬でしたが、坂を上がりながら急追して、0秒3差④着まで浮上しました。芝にも問題なく、今後にメドが立つ走りでした。
 
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1049-9ce4b2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。