競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=3/15(土)】ファルコンS


中京11R 第22回中日スポーツ賞ファルコンステークス(JpnⅢ)

 やはり1200㍍なら切れるダノンゴーゴー。新馬戦で出した33秒3に続き、前走の上がり33秒6。決してパンパンの馬場ではなかった京都だけに価値があります。今回も1200㍍に照準を定めた以上、その末脚は発揮されるでしょう。しかし、まだ前が極端に止まらない中京。武豊騎手は昨年、同じ“ダノン”(ダノンムロー)でとても届かない位置に構えて、案の定④着止まりという結果に終わりました。タメにタメるしかない馬で果たして差し切るまで至るかは疑問が残ります。

 ダートで3連勝。いずれも楽勝のシルクビッグタイム。ダート短距離なら文句なしのAランク。しかし、その脚力が芝で生かされるかどうかは未知数です。それなりに人気になるようなら思い切って軽視する手もあるでしょう。

 昨年は上位独占。サクラバクシンオー産駒の活躍が目立つレースとなれば、やはりマルブツイースターでしょうか。尻すぼみで終わった昨年あたりは早熟の懸念もありましたが、休養を挟んでの前走は、1400㍍で手応え十分の追走。残り1ハロンまで追い出しを待つ余裕。精神面の強化が見えました。1分21秒3の時計も優秀で、小倉2歳S勝ちがあれば、当然1200㍍への短縮も苦になりません。好位で流れに乗れるスピードもあり、まずは崩れない軸馬でしょう。

 逆転可能なのはどの馬か。紅梅Sは今一歩足りなかったメイプルストリートですが、未勝利→500万を平坦1200㍍で連勝しており、ここへの適性は高いものがあります。特に、今回と同じ中京の前々走はスタートで躓いた不利をはねのけて直一気。連勝時の中舘騎手を配したあたりに、陣営の意気込みも窺えます。

 マルブツイースターに敗れたクロッカスSが不本意なマヤノベンケイですが、外差し決着になったシンザン記念で早めに抜け出しかけての③着は価値が高く、小細工なしの1200㍍なら差は詰まって不思議ありません。

 11番人気で気楽な立場だったとはいえ、1200㍍の重賞を制しているルルパンブルーは適距離に戻れば、伏兵視できます。他には、初のスプリント戦でも適性がありそうなセレスハントあたりまで。

◎(16)マルブツイースター
○(14)メイプルストリート
▲(18)マヤノベンケイ
△1(11)ルルパンブルー
△2(7)セレスハント
△3(10)ダノンゴーゴー
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1043-0c6dd8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「メイプルストリート」についての最新ブログのリンク集

メイプルストリート に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

  • 2008/03/15(土) 06:23:36 |
  • 話題のキーワードでブログサーチ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。