競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GⅠ回顧】フェブラリーS

第25回フェブラリーS(GⅠ)
1○(15)ヴァーミリアン
2◎(10)ブルーコンコルド
3▲(16)ワイルドワンダー
4△(8)ロングプライド
7△(14)デアリングハート
9△(7)ドラゴンファイヤー
10△(3)アンパサンド
止△(4)フィールドルージュ

 川崎記念取消後、確かに調教本数は多かったものの、プラス7㌔はやはり気持ち太かったヴァーミリアン。一昨年のこのレース以来のマイル戦ということもあり、多少なりとも懸念材料はありましたが、全てを振り払う完勝でした。
 スタートも上手く出て、好位の外目をスムーズに追走。直線に入って先頭に並びかけ、武豊騎手がムチを入れると瞬時に反応。そこからは他の15頭などお構いなしに、あっという間に抜け出し。まだまだ余力を感じさせました。
 同じ良馬場の一昨年が1分34秒9だっただけに、一見するとやや物足りない1分35秒3ですが、少し時計が掛かり気味だったこと、強風の影響があったことを考慮すれば、十分に合格点。マイルの淀みない流れを楽々追走できたことが、前に行ってナンボのドバイへ向けて視界を明るくさせます。2分2秒3にとどまった昨年より上のパフォーマンスを期待できる、見事な壮行戦でした。

 距離を気にする必要がない1600㍍で巻き返したブルーコンコルド。ヴァーミリアンとほぼ同じような位置の内を追走。一旦は置かれ加減になりましたが、もう一度差し返すような形での②着浮上という味な内容。同じ左回りの1マイル戦では、再びワイルドワンダーに先着。ベテランの強かさが光ると同時に、やはり脚力に衰えがないことを示しました。

 向正面ではヴァーミリアンをマークする位置取りだったワイルドワンダー。3~4角で勢い良く進出し、ヴァーミリアンに並びかけた時は、突き抜けるかという手応えでしたが、突き放されてからは脚が鈍りました。タメを利かせる場面がなかったことを思えば、結果的に大外枠が仇になったということでしょう。距離的にも1400㍍の方が競馬がしやすいということもあるかもしれません。

 出遅れて、芝の部分でダッシュがつかないのは想定の範囲内。ロングプライドは直線、大外からキッチリと末を伸ばしていました。ハイペースになっていれば、また結果は違っていたかもしれませんが、1600㍍となると時計的に限界がありそうです。一方で、サクラローレル産駒で、母系にウイングアローがいる血統。晩成型ともいえ、今後の上積みが見込める4歳馬です。

 これが引退レースのデアリングハートは番手から自分の形で競馬ができました。直線でヴァーミリアン、ワイルドワンダーに並びかけられてからもそれなりに粘りを見せています。
 ドラゴンファイヤーは出遅れて最後方から。特に目立った伸びというわけでもありませんでした。迫力負けはジャパンカップダートの際に感じたことですが、リズムが狂いかけているかもしれません。
 アンパサンドは好位のインを追走していましたが、3角では手応えが怪しくなってしまいました。成長力?

 フィールドルージュはスタートで躓いて、向正面で競走中止。後ろ脚で左前の球節あたりを蹴ってしまい、裂傷を負ったとのこと(発表は左肩ハ行)。大事に至らなかったのは幸い。2006年のオークス、同じくハ行で競走を中止したコイウタが翌年、ヴィクトリアマイルを勝つまで復調しました。これも横山典騎手の好判断によるもの。今回の件はさすがに他の騎手でも気がつくことかもしれませんが、このあたりが横山典騎手の横山典騎手たるゆえんのようにも思いました。



 ○→◎→▲で決まった予想。◎ブルーコンコルドは必ず絡むように買いましたが、3連単は恥ずかしながら78点買い(苦笑)。しかし、1番人気と3番人気が①③着しながらの3連単175倍はなかなか嬉しい配当となりました。

08フェブラリーS馬券
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1023-6ec5c952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。