競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反逆のカリスマ

11月29日(日)東京10R 第29回ジャパンカップ(GⅠ)

 日本の競馬史に刻まれる名勝負を制した昨年と比べると、毎日王冠②着→天皇賞(秋)③着というステップは、見た目にはいいとは言えないウオッカ。「衰えた」という声もあるなかで、それでも前売り1番人気に支持されているあたりは、さすがの人気ですが。



 昨年の安田記念。ドバイ帰りのヴィクトリアマイルを惜敗し、評価を落としたウオッカ。しかし、レースでは乗り替わった岩田騎手とよほど手が合ったのか、内の好位でピタリと折り合い、直線は独壇場の圧勝でした。
 この時のムードと、今回が似ているような気がします。
 前走で最速の(極限の)上がりを使いながらも、差し切れなかったことで少なからず評価が下がったこと(昨年のヴィクトリアマイルの上がり33秒3、今年の天皇賞(秋)の上がりは32秒9)。事情は違えど、乗り替わり。今回の乗り替わりは、ある意味、最後の“カード”を切ってきたともいえます。

 これまでGⅠ(JpnⅠ)を6勝。昨年の天皇賞(秋)、今年のヴィクトリアマイルと安田記念と1番人気で勝っていますが、それ以前の3勝は1番人気ではありませんでした。今のウオッカへのファンの期待を思えば、意外な印象もあります。
 阪神ジュべナイルフィリーズは前走の500万下で②着だったこともあり、4番人気にすぎませんでした。「半世紀の空白を埋めた」ダービーは、牝馬の参戦への批判もある中での3番人気。10.5倍もついていました。そして、前述した昨年の安田記念は2番人気。
 ウオッカの“本質”は、実は世間の評価に反発する力なのではないか。そんな気すらしてきます。

 ジャパンC過去2年は④③着ですが、一昨年はエリザベス女王杯取消明けで状態ひと息。昨年は超スローペースで折り合いに苦心しながらも、最後は盛り返しての0秒2差。言われるほどの距離不安は感じませんし、ダイワスカーレットが引っ張った昨年の天皇賞で底力を発揮したように、ある程度流れてくれてこそ、能力をフルに発揮できるのではないかと推測できます。
 前走の後方で折り合いに専念した戦法が、結果的に距離が延びる今回への布石になっているともいえます。



 ◎(5)ウオッカ
 ○(16)コンデュイット
 ▲(6)レッドディザイア
 △1(10)オウケンブルースリ
 △2(18)スクリーンヒーロー

 久々に大物来日となったコンデュイット。ブリーダーズカップターフ連覇という肩書きは、米国の芝路線のレベルを考えれば、それほどの価値があるかどうかは微妙ですが、2年連続で2分23秒台をマークしたことは、日本への適性を示しています。凱旋門賞で②着とは接戦の④着という底力も評価できます。来日してからも白井と東京で時計を出されており、中2週の上に米国→英国→日本という強行軍もそこまで神経質にならなくてもいいように思えます。

 ブエナビスタが出走していれば、かなりの人気が集まったはず。それを思えば、レッドディザイアも軽視は禁物ではないでしょうか。ブエナビスタを抑えた秋華賞でピークに仕上げたとはいえ、今回も緩めず乗り込まれていますし、オークスがほぼ勝ったかという内容。条件に不足はありません。まだ連を外していない事実も見逃せません。

 オウケンブルースリは昨年のJCでは立て直すロスがあり、前走・天皇賞でも囲まれる場面がありました。ペースも恵まれなかったこともあり、着順以上の評価が必要なのかもしれませんが、どうも直線の坂でモタついているようにも見えました。平坦のラスト1ハロン弱の伸びが目立つ分、“強い負け方”なのかもしれませんが、直線半ばで前との差を詰められないことが、あと一歩という惜敗につながっているのではないでしょうか。坂の下りを利してスパートできた京都大賞典とのギャップが気がかり。

 天皇賞では展開に恵まれたとはいえ、②着確保は立派だったスクリーンヒーロー。昨年の覇者、評価を落とす理由はないですが、最終追いがいつものポリトラックではなく、坂路だったことにやや疑問符がつきます。この馬が「連覇」となると、ジャパンカップの“沽券”に関わるようにも思えます。

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。