競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想通り?

 高松宮記念は距離短縮2頭のワンツーでしたね。
 ◎オレハマッテルゼは柴田善騎手が乗ってる+初距離というだけでキングヘイローをイメージできたことで自信ありでした。○プリサイスマシーンは最初の100㍍ぐらいをもう少し楽に行けていれば3着には粘れたかも…という惜しい内容。ラインクラフトとの3連複で170倍はあったんですよね…。
 そのラインクラフトは福永騎手が「(3着シーイズトウショウの)池添騎手が内を開けたから(オレハに)負けた」という趣旨のコメントをしていたそうですが、あの攻め馬内容でよくぞここまでという強い内容でした。昨年の桜花賞時もフィリーズレビューの反動で攻め過程に不満がありながらも快勝、気で走るタイプなのである程度追えていれば大丈夫というタイプなのでしょうね。
 シーイズトウショウは常に馬体重が懸念される馬。西エリアなら輸送の心配が少ないだけに今回は馬体を戻しての出走。レコードホルダーの意地を見せた走りでした。
 混戦が伝えられましたが、2~4番人気で123着。1番人気シンボリグランが出遅れから流れに乗れなかった点を除けば、ほぼ力を出し切った短距離GⅠだったのではないでしょうか。
 それと、GⅢやオープン特別が今シーズンのように着順がコロコロと変わるようなら別路線や初距離の馬に注意を払わなければならないということですね。

 ドバイは2勝に3着1と大健闘でした。
 ハーツクライの強さといったら…逃げて4馬身とは。ルメールははじめから逃げるつもりだったようで。恐れいります。ユートピアもベスト条件とはいえ鮮やか。適条件で輸送をクリアできれば…というところでしょうか。あとはGⅠにこだわりすぎないことですか。
海外初遠征でいきなり“世界の橋口”ですね。
 ダート2000㍍級のGⅠはやはり厳しい。カネヒキリでも5着ですから。伸びていないようで馬の手応えはあったようですからね。まわりが強すぎるということでしょう。

 タイトルの予想通り?とは武豊騎手がアドマイヤムーンを選んだということ。しかしフサイチジャンクもぬかりなく岩田騎手を確保したよう。混沌クラシックはどうなる??

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

GI?

 GⅢと言われても納得のいくメンバーとなった高松宮記念。なんでこう短距離は層が薄いんでしょうかねえ。

 日曜中京11R高松宮記念(GⅠ)
 先週の段階から自信があった予想です。なぜこんなに自信があるのかが自分でもわかりませんが(笑)
 ◎11オレハマッテルゼ
 ○3プリサイスマシーン
 △他の全馬
 ◎→○→△の3連単
 ○→◎→△の3連単
 ◎○→△の3連複
ようするに総流し(苦笑)ただ◎○だけは妙な自信があるんですよねえ。

 日曜中山11RマーチS(GⅢ)
 ◎9ワイルドワンダー
 ◎の単勝

 去年に続き、高松宮記念の週から日曜分の土曜午後8時からの発売が再開されました。1年中やってもいいと思うんですけどね…

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

D・I再出発

 空を飛ぶディープインパクトが予想通り、06年初戦に阪神大賞典を選びました。さすがというか、私の大好きな東スポはディープインパクトが出てくると扱いが違いますね。最終追い切りも1面で「不安」と大々的にあおり、土曜発行の紙面では「飛べる」と一転して高評価。さすがに、今競馬に一番力を入れているスポーツ紙だけあります。枠順確定版の紫色のページも去年より紙質がよくなってますし。

 阪神11R阪神大賞典(GⅡ)
 有馬記念の1週前追い、当週の追い日決定までのドタバタ。あの時のディープインパクトはやはり、どこかがおかしかったのでしょう。今回も最終追いは一見冴えなかったですが、DWの前に坂路で強めを乗っていたようです。菊花賞や有馬当時よりも陣営もリラックスしている印象があります。ギスギスしたムードでないのが何より。一度負けたことがいい方に向いていそうです。絶対能力は断然の存在、普通の馬場なら負けないでしょう。ただし、明日の関西地方は雨模様…。
 馬場が悪いこと、そもそも時計のかかる馬場状態。一昨年の菊花賞馬デルタブルースが当時の岩田騎手に戻り、積極策をとりそうで狙い目かも。インティライミはいつも強気な佐々木晶師が週刊競馬ブックのインタビューで距離不安を述べていました。若干評価を下げる必要がありそうです。
 ◎8デルタブルース
 ○2ディープインパクト
 ◎→○なら配当もおいしい?

 中山11RスプリングS(GⅡ)
 なんでこんなにレース数を使うの?と思わせるフサイチリシャール。クラシック本番では勝てないと不安なの?と疑問を持ってしまいます。中山はすでにGⅠを勝ってますから、ここもほぼ確勝級でしょうが、皐月→ダービーでは◎にする気にはならないローテーションです。
 藤田騎手が「この馬は譲りたくない」と語ったとかいうトーホウアランの素質が妙味。
 ◎3フサイチリシャール
 ○13トーホウアラン
 ▲10ドリームパスポート
 △16メイショウサムソン
 △7ダイアモンドヘッド
 ◎から印への馬連。

 そろそろトライアルも終わり。後日まとめて回顧したいと思います。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

牝馬2重賞

 秋華賞・府中牝馬Sと同じように、同日に牝馬の重賞が2鞍。
 明日の中山牝馬S、フィリーズレビューもいずれもGⅠに向けての重要な一戦だけに、騎手の配置が??といつも思うのですが、今回はうまくいったようですね。ディアデラノビアは武豊騎手が乗れない代わりに岩田騎手ですから。

 中山11R中山牝馬S(GⅢ)
 週明けから気になったのがフジキセキ産駒2頭。メイショウオスカルとコスモマーベラスがそれ。カネヒキリなど毎週のように重賞を勝っていたフジキセキ産駒。さすがにそろそろ勢いに衰え…という気もしますが、メイショウオスカルは昨年2着で今回は乗り慣れた後藤騎手。コスモマーベラスは前走がダート。芝で変わり身があって当然。ウイングレット、ディアデラノビア、ヤマニンシュクル、ヤマニンアラバスタ、と印が並ぶ馬が多いですが、あえて絞りたいと思います。フジキセキの2頭以外にはチアフルスマイルを買います。
 ◎8メイショウオスカル
 ○15コスモマーベラス
 ▲14チアフルスマイル
 ◎○の馬連・ワイド、◎○▲の3連複か3連単。
 
 阪神11Rフィリーズレビュー(GⅡ)
 レベルに疑問符がついている今年の牝馬クラシック路線。今回も微妙なメンバー構成。天気の崩れもあるらしく、ますます難解になりそう。
 良馬場発表とはいえ土砂降りの中で行われた阪神ジュベナイルフィリーズで4着だったエイシンアモーレ。走りづらい馬場を一度でも経験しているのは強みでしょう。前走があまりにも手をだしづらい惨敗ですが、今回は追いきりも動き、出来が違うようです。人気落ちて狙い目でしょう。
 サンヴィクトワールは母親がヴィクトリーバンクで、未勝利を脱したのが2000㍍となると、前走の1600でも短いと思っていましたが、今回は1400。どうかと考えていましたが、今の阪神が時計を要するスタミナ馬場。こなせるという判断をしたいと思います。アルーリングボイスがない、というのには根拠のない自信があります。
 ◎7エイシンアモーレ
 ○13サンヴィクトワール
 ▲11マチカネタマカズラ
 ◎○の馬連・ワイド。◎○▲の3連複か3連単。

FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

弥生賞の回顧と

 弥生賞はアドマイヤムーンが快勝、これで武豊の乗り馬は決まりでしょう。フサイチジャンクの池江寿調教師とは同級生ということで断りやすいでしょうし(笑)
 サクラメガワンダーは人気を裏切り皐月賞で巻き返し…キングヘイローのイメージが出てきたかな。

 ファルコンSがこの時期にある意味は?
 
FC2 Blog Ranking

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

こんなレースも…

 土曜日は重賞以外にも楽しみなレースがあります。

 中山10R両国特別
 ハーツクライ、スズカマンボと接戦を演じた、実質的な実績最上位馬ともいえるケージーフジキセキ、未勝利戦で翌週ローズSより早いタイムを出したスマイルフォライフ、菊花賞でディープインパクトの隣枠からハナを叩いたシャドウゲイト、朝日杯3着アポインテッドデイなどなど、東の1000万としてはかなりの好メンバーが揃いました。
 58㌔でも、戦ってきた相手が1000万でも上級なケージーフジキセキが一応◎ですが、面白いのは近走ダートばかり遣われながら芝に出走してきたエクスプロイト。しかも鞍上は横山典騎手だけに注意が必要でしょう。
 ◎6ケージーフジキセキ
 ○15エクスプロイト
 ▲8スマイルフォライフ
 △4エアフォルツァ
 △12ディーエスハリアー
 △9シャドウゲイト

 中山9R黄梅賞
 マイネル岡田社長が「ダービー…」といっていたマイネルスケルツィがいまだに500万でウロウロしています。ただ、前走は馬場の良くない内をつかざるをえない展開で3着。レースぶりは安定しており、自己条件なら確勝級でしょう。問題はこの後。なんでここで距離短縮なんてローテーションを組んだのかが疑問です。

 阪神10R心斎橋S
 普通の土曜日ならメインレースといって差し支えないメンバーです。遠征も頻繁に行っているシンボリエスケープがバクシンオー産駒ながら?1200㍍は意外にも初。クリノワールドは前走が不本意な逃げ。リボンアートもどちらかといえば京都向き。サンデーサンライズとの兼ね合い次第ともいえますが、単騎で行けると読んでトップパシコに逃げ粘りに期待。複勝なら可能性ありそう(笑)

 中京9Rあざみ賞
 チューリップ賞の◎アドマイヤキッスを未勝利戦でハナ差制したマナーハウスが出走。休み明け2戦はなぜかダートを使いましたが、本来は芝向きでしょう。この馬の結果次第でアドマイヤキッスへの投資額も変わりそう。

 明日から新人騎手・調教師がデビューしますね。そんな中競馬学校卒業生と同時にJRAジョッキーとしては新人の岩田騎手は土日ともに11鞍ずつ。学校卒はどれだけ生き残れるのでしょう? それにしても、田中姓騎手が5人ですか…

 ご参考までに…
 ↓↓
FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

本格シーズン到来!

 弥生賞にチューリップ賞となると、いよいよ本格的な競馬シーズンと感じますね。
 今週は他に短距離路線充実を図った第1回オーシャンSもあり、中京記念もありで、1週間で4重賞。障害を除けば、これまでにあまり記憶がないのですが。

 まずは土曜日の予想といきましょう。
 中山11RオーシャンS(GⅢ)
 王者クラスがゴッソリと抜けた短距離界。オープン特別、GⅢクラスのレースが数多く組まれている1200㍍ですが、常にゴール前は接戦。次やれば…という内容が続いています。
 シーイズトウショウは坂のあるコースが疑問、かつ輸送が心配です。
 マルカキセキは昨夏から使い詰め。さすがに上積みは?
 シンボリグランはデムーロ騎手を配して人気を背負うでしょうが、CBC賞の時計レベルで58㌔は?
 シンボリと同じ4歳ながら56㌔と恵まれ、本来の力は上位のアイルラヴァゲインが狙い目。乗り慣れた横山典騎手も復帰2週目、ビシッと決めてほしいところ。
 単騎逃げ必至ギャラントアローが妙味。6枠に同居した畠山吉勢ではここで賞金を稼ぎたいマイネルアルビオンを上位に。
 ◎7アイルラヴァゲイン
 ○2ギャラントアロー
 ▲11マイネルアルビオン
 △12シンボリグラン
 △13マルカキセキ
 △15タイキジリオン
 ◎からの馬連。

 阪神11Rチューリップ賞(GⅢ)
 いまだに混沌としている牝馬クラシック路線。その張本人といえる?テイエムプリキュアが出走。なんだかんだいっても無敗の2歳女王ではあるのですが、直前で熊沢騎手が骨折、乗り替わりは何やら不穏な雰囲気…。勝ち上がりに3戦かかったものの、素質の高さはデビュー前から認められていたアドマイヤキッス。最大の鬼門と思えた抽選も無事クリア。大注目だったギーニョがいまや??な状況なだけに、僕のなかでの桜花賞で買いたい馬NO1=アドマイヤキッスに権利を取ってもらいましょう!
 <1200>の関東馬ラッシュライフは戦ってきた相手レベルが強力。休み明けでも要注意でしょう。
 ◎14アドマイヤキッス
 ○9ラッシュライフ
 ▲8シェルズレイ
 △10タッチザピーク
 △11テイエムプリキュア
 ◎の単複、◎○の馬連・ワイド。

 参考になりましたか?
 ↓↓
FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。